カニはどのように食べる?

みなさん、蟹はどのようにして食べるのがお好きですか?
もちろん、茹でてそのまま食べるのも美味しいですよね。

 

さばいたり、剥いたりすることは面倒ですが、それをがんばったら、その先には美味しい蟹みそ、ジューシーな身が待っています。
蟹はお酒の肴には最高ですよね。
寒い冬などは熱燗と蟹、私はこの組み合わせが大好きです。

 

では、ここでは、蟹を丸ごと食べるほかに、簡単な蟹の食べ方、料理方法をご紹介しましょう。
タラバ蟹など大き目で太い足を持つ蟹は、焼くと一層美味しいですよ。

 

「焼きタラバ蟹」は簡単ですが立派な蟹料理です。
作り方はとっても簡単でして、アルミホイルで蟹の足を包みます。
そして、オーブンや魚焼きグリルで10分弱焼きます。
これで、出来上がりです。
焦げないようにアルミホイルを蟹に巻くことがポイントの簡単料理ですよ。

 

蟹の天ぷらもお勧めです。
ボウルに卵と、水と、小麦粉を混ぜ合わせ、天ぷらの衣を作ります。
そこへ、蟹を剥いた身を生のアスパラを切って入れます。
カキアゲのように揚げたら出来上がりです。
料理自体は簡単ですが蟹の身を剥くのが大変ですのでタラバなどの大きい蟹がお勧めです。
冷凍のタラバの足などを使うと良いでしょう。
缶詰のフレークだと身がぼろぼろになってしまいます。

 

また、蟹と白菜やねぎ、きのこ類、キャベツなどを入れて蟹鍋はいかがでしょうか。
市販の鍋のつゆを使っても良いですし、しょうゆ、みりん、だしなどで味付けしても良いでしょう。
蟹からダシが出て、とても美味しい鍋になります。
もちろん、仕上げは雑炊ですね。

 

おいしくて安いカニはこちら!⇒カニ 訳あり


このページの先頭へ戻る